KMA
Kameoka Musicians Association
KMA [Kameoka Musicians Association]とは
京都・亀岡市内外のミュージシャンを中心に
様々なイベントの企画&運営を行っています
主な活動は、亀岡平和音楽祭の主催・運営
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LIVE報告(Once More Please)
      OMP-01

 7月16日、文化パルク城陽にて開催された「JOYOコーラルフェスタ2007」に行ってきました。「城陽市内の合唱団が集い歌う合唱の祭典」のタイトルどおり、全部で11組のグループが出演され、その中間にゲストということで出演させていただきました。前の組が早めに終わったみたいで「時間が早くなりました」と、くつろいだり身繕いをしていた控室に担当の方が慌てた様子で呼びに来られ、メンバー全員あたふたとステージ横まで…『時間が余ってるということは、少し延ばし目にしなければ!』と思いながら、いざステージへ。まずは《君と手を取り合おう》のイントロから歌へ…『よしよし。みんな落着いてできてる。OKや!』。一曲目が終わり、喋ること約5分。二曲目《未来へ・・保津川》…『う~ん、客席もええ感じやん!』。

OMP-04
夢中で喋る!喋る!「あ~楽しい」

 歌い終わり、また喋ること約5分。「最後の歌やで!みんな一緒に歌ってや!」と《青空の始まる場所》。客席のライトが点き、初めて『一階席も二階席もいっぱいやん!…後ろにあんなにたくさんの人が立って、並んで肩をゆらしながら歌ってくれてるやん!二階席のお姉さん、そんなに身体を乗り出して…落ちんといてや!』なんとも言えない嬉しい気持ちでいっぱいになりました。…歌ったのは三曲で30分。
OMP-03
ただただ、喋り疲れるのを待つ、他のメンバー達!

 控室に戻ってからメンバーから「それやったらもう一曲増やしたら良かったんちゃうん?」と厳しいツッコミ。ごもっともです。
『時間が余ってるんやったら喋れるやん!』と思った私が悪うございました。
OMP-04
「まだかな~?」スタンバイしたままなんすケド!

 しかし、音楽って本当に素晴らしいですよねぇ。知らない人間同士が、一つの空間で一つの歌に声を揃えて、喜びを分かち合えること…きっと音楽をしていなければ、絶対に出会うことのできなかったたくさんの笑顔。そんな皆さんの笑顔に支えられながら、Once More Pleaseはまた新しい笑顔に出会うために、歌って行きたいと思います。…城陽の皆さん、本当に素敵な笑顔をありがとうございました。また会いましょう! Once More Please*Hiroでした。。。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。